進学支援「利用したい」4割 山梨県教委が貧困調査

山梨県教委はこのほど、子供の貧困の実態を把握する「子どもの生活アンケート」の中間報告を公表した。同県の子供の相対的貧困率は10.6%で、国の調査結果(平成27年)の13.9%より低かったものの、10人に1人は貧困状態に置かれていることが分かった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。