横浜市の待機児童が「新定義」で急増 前年比1486人増

横浜市はこのほど、待機児童数が前年同期比1486人増の1877人だったと発表した。育児休暇中の保護者に復職の意思がある場合は待機児童に含めて数えたため、急増する形となった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。