経済格差が教育機会の格差に影響 OECDが新報告書

OECDは12月6日、教育機会の格差に関する新たな報告書を公表した。同報告書によれば、社会経済的に恵まれない環境にある子供や成人は、学校教育や生涯学習の機会においてほとんど支援を受けられず、PISAの結果分析からも、大半の加盟国で、経済格差が教育格差に影響している状況が明らかとなった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。