大学新テストで東京外大と英機関 「話す」技能試験開発

東京外国語大学と、英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシル(BC)は12月7日、英語のスピーキング試験を共同で開発すると発表。新事業の始動に当たり、東京都千代田区の駐日英国大使館で調印式を行った。両者はBCが提供する英語力診断テスト「Aptis(アプティス)」を基に、共同で日本の大学入試に即したスピーキング試験の開発を進め、平成30年度以降の「大学入学共通テスト」(新テスト)での広い活用を目指す。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。