子どもの未来を応援する首長連合 松山大臣に要望書

子どもの未来を応援する首長連合(子どもの貧困対策連合)と協働団体は12月6日、内閣府に松山政司特命担当大臣を訪問。同連合会長の小松政佐賀県武雄市長らが、同連合でまとめた「子どもの貧困対策に係る制度の充実に関する決議」を記した要望書を、同大臣に手渡した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。