学校事故・事件 被害者の会が文科省に対応改善を要望

学校での事故や体罰の被害者家族らでつくる「全国学校事故・事件を語る会」は12月8日、文科省を訪れ、被害者救済の観点に立った対応を求める要望書を提出した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。