無償化より待機児童解消を 市民団体が政府に意見書

政府が掲げる3~5歳の幼児教育無償化について、市民グループ「保育園を考える親の会」はこのほど、待機児童の増加を招き、保育の質低下につながる恐れがあるとして、待機児童解消を優先するよう求める意見書を厚労省と内閣府に提出した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。