課題は学校の重い事務負担 高校生への修学支援で調査

文科省の「高校生等への修学支援に関する協力者会議」は12月11日、第7回の会合を省内で開いた。公立高校と私立高校の教育費負担の格差是正を目指した平成25年の制度改正以降、実際にどのような形でどの程度の改善をもたらしたのかを調査した「修学支援に関する調査研究」の中間報告が行われ、高校が感じている事務負担の大きさなど、現行制度における新たな課題も指摘された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。