学習評価の現状と課題を報告 評定による序列からの脱却を

中教審の児童生徒の学習評価に関するワーキンググループは12月11日、文科省内で開いた。委員からは学習評価の現状と課題、小・中学校の評価の実践に基づく報告があった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。