グローバル・コンピテンスを調査 PISA2018で実施へ

OECDは12月12日、2018年のPISA(生徒の学習到達度調査)から、新たにグローバル・コンピテンスの調査を実施すると発表した。グローバル化が進む社会の中で、他者と共存しながらコミュニケーションを図り、行動していく力が、現代の若者にどれだけ備わっているか。知識だけでなく、スキルや態度なども含めて多元的に測定する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。