スクールロイヤー活用の体制構築など 中間案に追加

中教審の「学校における働き方改革特別部会」は12月12日、第9回会合を、東京都千代田区の都道府県会館で開いた。前回会合の意見を踏まえ、改革実現に向けた環境整備の内容などが加わったほか、修正された中間まとめ案が公表された。同案は、12月15日の初等中等教育分科会と、22日の中教審総会の審議を経て、承認される見通し。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。