教育勅語問題で日本教育学会が報告書 政府答弁に懸念

日本教育学会(広田照幸会長)は12月12日、「教育勅語の教材使用問題に関する研究報告書」に関する記者会見を文科省内で開いた。教育勅語の学校教育への使用を容認するかのような政府答弁が国会で行われたとして、懸念を表明した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。