ネット利用者の3人に1人が子供 世界子供白書を公表

ユニセフは12月11日、「世界子供白書2017」を公表した。「デジタル世界の子供たち」をテーマに、インターネットやICTの急速な普及が子供たちにもたらす影響を、さまざまなデータを基に示した。世界のインターネット利用者の3人に1人が18歳未満の子供たちであるなど、利用者の若年化が明らかとなった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。