教員の負担軽減策具体化へ 都教委定例会で審議

東京都教委は12月14日、第20回定例会を開催し、公立学校職員などの標準職務遂行能力の規則改正案や、小学校教育の在り方に関する提言などを審議した。働き方改革やワークライフバランスを推進するため、校長の役割や教員の負担軽減策の具体化に向けた動きが本格化する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。