日本財団の優秀賞 「日本教員多忙化対策委員会」に

社会課題の解決に取り組む革新的な人材を表彰する「日本財団ソーシャルイノベーションアワード2017」が12月14日、東京都港区の同財団で開かれ、「日本教員多忙化対策委員会」を立ち上げた浅谷治希さんが優秀賞に選出された。浅谷さんには年間上限5千万円が3年間(計1億5千万円)、支援される。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。