保護者負担の教育費、中学生7万6千円 都教委調べ

都教委は12月11日、学校納付金調査の結果を公表した。2016(平成28)会計年度に、都内の公立学校の保護者が負担した学校教育費の実支出額は585億4326万8千円で、前会計年度より1億7713万1千円(0.3%)増加。児童・生徒一人当たりでみると、中等教育学校13万3841円を筆頭に、中学校7万6120円、義務教育学校6万4367円、高校(全日制)5万9121円の順に支出が多かった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。