文科・厚労省のPJ初会合 教育と福祉の連携を検討

文科副大臣、厚労副大臣による「家庭と教育と福祉の連携『トライアングル』プロジェクト」の初会合が12月14日、文科省で開かれた。両省が連携を密にし、各地域の障害児と保護者への、切れ目ない支援体制の在り方を探るのが目的。会合には丹羽秀樹文科副大臣と高木美智代厚労副大臣が出席した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。