都立高入試の英語でスピーキング 都が19年度以降に導入

東京都教育委員会は、2019年度以降に都立高校入試の英語で、「話すこと」(スピーキング)の検査を導入する方針を決めた。大学入試改革などで英語の4技能が測られるのを見据え、高校入試も対応する。12月14日に開かれた第20回定例会で配布された、高校入試の英語検査改善検討委員会の報告書で明らかとなった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。