働き方改革中間まとめ案で議論 教職員定数の改善指摘

中教審の初等中等教育分科会は12月15日、第115回の会合を東京都千代田区の東海大学校友会館で開いた。学校の働き方改革に関する総合的な方策の中間まとめ案や2016年度の児童生徒の問題行動調査の結果速報値などの概要報告があり、委員が意見交換を深めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。