卒業生の追跡や大学中退率 半数以上の高校は重視せず

NPO法人NEWVERY(小崎文恵理事長)は12月15日、全国の高校を対象にしたアンケートから進路指導の実態を分析した「進路指導白書2017」を公表した。卒業生の追跡調査を行っていなかったり、大学中退率を重視していなかったりする学校が半数以上を占めるなど、これまで見えてこなかった進路指導の課題が浮き彫りとなった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。