余裕教室の活用で子供の多様化に対応 文科省調査で

文科省はこのほど、公立小・中学校などの余裕教室の活用状況についての調査結果を公表した。大半の余裕教室が活用され、その多くが、学習指導やカウンセリングなど、児童生徒の多様化する教育ニーズに対応するためのスペースとなっている状況が明らかとなった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。