中高生の9割超が勉強にスマホを活用 単語検索などで

単語調べは辞書からスマホへ、ノートは「取る」から「撮る」へ――。中高生の生活に欠かせないツールとなったスマートフォンが、勉強でも9割超の生徒に活用されていることが、MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)の調査で明らかになった。活用例としては単語や問題の検索のほか、問題の解き方・授業の動画視聴も上位に挙がった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。