無戸籍児の就学状況 教委の就学支援は半数に過ぎず

文科省は12月19日、法務省が把握している無戸籍の学齢児童生徒の就学状況に関する調査結果を公表した。就学手続きや戸籍記載などの支援を教委から受けた児童生徒の割合は、半数に過ぎなかった。無戸籍の子供を早期に把握し、適切な支援を行えるよう、学校などの関係機関の連携が課題となっている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。