授業料減免の大学に要件 100年時代会議が中間報告

安倍晋三首相を議長とする人生100年時代構想会議は12月19日、第4回会合を首相官邸で開き、同会議の中間報告案を取りまとめた。12月8日に閣議決定した2兆円規模の新経済政策パッケージを踏まえ、幼児教育の無償化や待機児童の解消、高等教育の無償化などの具体的な方向性を示した。高等教育の無償化では、授業料を減免する学生や大学に対して、成績や教育内容に関する要件を設ける案を盛り込んだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。