高年収世帯ほど学外活動費が増加 子供の学習費調査 

調査結果を発表する担当者ら
調査結果を発表する担当者ら

文科省は12月22日、2016年度「子供の学習費調査」の結果を公表した。世帯の年間収入が高いほど、学校外活動費の支出が増加していることなどが分かった。

同調査は、全国の公私立の幼・小・中・高校1140校の、幼児と児童生徒2万9060人を対象に抽出調査を実施。保護者が1年間に支出した子供1人あたりの学校の教育費や給食費、学校外活動費を調査した。また、保護者の年間収入との関係も調べた。

学校教育費と学校外活動費などを合わせた学習費総額を学校種別に見ると、幼稚園は公立で23万4千円、私立で48万2千円。小学校では公立32万2千円、私立152万8千円。中学校は公立で47万9千円、私立で132万7千円。全日制高校の公立で45万1千円、私立で104万円だった。

公立と私立学校の学習費支出状況を比較すると、公立の学習費総額に対して、私立は幼稚園で2.1倍、小学校で4.7倍、中学校で2.8倍、全日制高校で2.3倍。

幼稚園入園から高校卒業までの15年間の学習費総額を公私立で比較すると、公立校に全て通った場合は約540万円で、私立校に全て通った場合は約1770万円。公私立校の比較では3.28倍だった。

学習塾や習い事などの学校外活動費は、中学校で公私立ともに進学が近づく3学年で支出が増加している。全日制高校では公私立ともに1と2学年の支出が増加している。

世帯の年間収入別の学校外活動費の支出状況では、例えば、公立小学校で年間収入400万円未満の世帯では12万9000円なのに対し、800~999万円の世帯では27万円との結果となった。大半の学校種で、年間収入が高い世帯ほど学校外活動費の支出は増加していた。