スマートスクールに約3億円 総務省が予算案公表

総務省は12月22日、2018年度予算案の概要を公表した。教育に関連する事業として、スマートスクール・プラットフォーム実証事業の約3億円をはじめ、学校などの防災拠点への公衆無線LAN環境整備支援事業、主権者教育などに予算が計上された。また、プログラミングや防災教育に関する新規事業も盛り込まれた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。