いじめ対策の好例や教訓45事例を収載 事例集を検討

いじめ防止対策協議会は12月25日、今年度2回目となる会合を文科省内で開いた。いじめに適切に対処した好例や、今後の教訓となる事例など、45のケースを収載した「いじめ対策に係る事例集(案)」について検討した。今年度中の取りまとめを目指しながら、引き続き検討を重ねる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。