妥当だと思うお年玉の額 親子で8千円の差

「お年玉に関する親子意識調査」の結果を、三井住友カードがこのほど公表した。親が妥当だと思うお年玉の額は約1万3千円である一方、子供の欲しがる額は約2万1千円で、親子間で約8千円のギャップがあった。使い道では、半数以上の親が「貯金」を希望したのに対し、子供は約6割が「おもちゃ・ゲーム」に使いたいと回答した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。