定数改善「現場の願いから程遠い」 日教組書記長が談話

教職員定数1595人の純増などが盛り込まれた2018年度予算案の閣議決定を受け、日本教職員組合(日教組)は「学校現場の願いからは程遠い」とする清水秀行書記長の談話を、12月22日付で発表した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。