7団体24種が参加申請 大学入学共通テスト「英語」で

大学入試センターは12月26日、大学入学共通テストの英語の民間検定試験で、参加申し込みをした団体を公表した。英検やTOEIC、TOEFLなど、CBT方式も含む7団体24種の資格・検定試験が参加を申請した。同センターでは来年3月をめどに、申し込みのあった資格・検定試験が参加要件を満たしているか審査する。

申し込みがあった資格・検定試験実施団体および資格・検定試験は、▽Cambridge Assessment English(ケンブリッジ大学英語検定機構)のケンブリッジ英語検定(A2 Key~C2 Proficiencyまで)とリンガスキル(Linguaskill)▽Educational Testing ServiceのToefl iBTテスト▽IDP:IELTS AustraliaのInternational English Language Testing System(IELTS)▽国際ビジネスコミュニケーション協会のTOEIC Listening & Reading TestおよびTOEIC Speaking & Writing Tests▽ベネッセコーポレーションのGTEC(CBTおよびCore~Advancedまで)▽日本英語検定協会のTest of Englisu for Academic Purpose(TEAP)、Test of English for Academic Purposes Computer Based Test(TEAP CBT)▽実用英語技能検定(英検)(3級~1級まで)▽ブリティッシュ・カウンシルのInternational English Language Testing System(IELTS)――。