身近な自然から宇宙まで 科学教育振興助成成果発表会

中谷医工計測技術振興財団は12月26日、同財団が助成する小・中・高校などの児童生徒たちによる成果発表会を都内で開催した。12月23日の西日本大会に続き、初の開催となる同発表会には、2017年度の科学教育振興助成を受けた東日本地域の46校(一部西日本地域含む)から約200人が参加。子供たちが自作のポスターや動画を駆使して、日ごろの研究成果を発表した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。