教委の1割、教員と意見交換せず 教育委員会の現状調査

文科省は12月26日、教育委員会の現状に関する調査結果を公表した。教育委員が学校を訪問した年間平均回数は、都道府県・指定都市教委(以下、都道府県教委)で21.7回、市町村教委で19.1回だったが、都道府県教委の10.4%、市町村教委の12.2%が、「訪問の際に教職員と意見交換を一度も行っていない」と回答。教委、学校の連携体制が問われる結果となった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。