クレームや経済格差など 多様な論点から部活動を研究

12月27日に設立された日本部活動学会では、「部活動の未来を考える」をテーマに、今年3回目となる研究集会も行われた。教員の働き方と部活動の関係にとどまらず、経済格差や文化部の在り方、地域住民からのクレームなど、部活動に関する多様な論点で研究者や教員らが報告した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。