学校部活動とジュニアクラブの共存制度

教員多忙化の一因として中学校の部活動が取り沙汰される中、岐阜県多治見市が独自に創設した制度が脚光を浴びている。生徒の要望を踏まえ、教員の負担軽減を図る方策とは――。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。