教員の働き方改革 全ての関係者が対策に取り組んで

教員の働きすぎ、忙しすぎは、限度を超えている。いまや、学校はある種の「ブラック企業」と化している。そういう認識が一般社会の中でも共有されつつある。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。