明確なビジョンと組織の共通理解で「横帯をつなぐ」英語教育を実現

「チームとしての学校」の在り方が求められて久しい。多様な人材がそれぞれの専門性を生かし連携・協働する体制は、子供たちの豊かな学びを実現するだけでなく、教職員の多忙感解消も期待されている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。