特別の教科 道徳 「考え、議論する」の実現に向けて

いよいよ小学校で「特別の教科 道徳」(以下、道徳科)がスタートする。中学校も、あと1年。分かり切ったことを言わせたり書かせたりする授業や登場人物の心情理解のみに偏る授業から、いかに脱するかが課題である。そのためのポイントを述べたい。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。