スクールソーシャルワーカー活用事業 連携を通じて教職員の資質向上にも寄与

いじめや不登校をはじめとする学校不適応行動には、学校・家庭・社会環境など子供を取り巻く環境が大きく影響している場合があり、課題解決を図るためには、本人に直接働き掛けるだけではなく、本人を取り巻く環境の調整・改善に取り組むことが必要不可欠である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。