宮田文化庁長官に聞く これからの芸術教育

文化は子供の個性を大切にするための基盤――。宮田亮平文化庁長官は2017年末、教育新聞などのインタビューに応じた。20年に東京オリンピック・パラリンピック開催を控え、日本文化を海外に発信するには、どのような人材の育成が必要なのか。自身の経験を交えながら、これからの文化・芸術教育の役割や、多文化共生社会の視点からの外国語教育の在り方、子供たちや教員への期待などを語った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。