「過去最多のわいせつ処分は大変遺憾」 林文科相

林芳正文科相は1月5日、2018年最初の文科省での閣議後会見を行った。年頭の所感として、「今年も、文科行政の信頼を取り戻すため説明をしっかり行いたい」とあいさつ。また昨年末の同省調査で、わいせつ行為による教職員の処分者が過去最多になった結果について、「大変遺憾」と話した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。