北大が「囚人のジレンマ」実験 協調のメカニズムを検証

北海道大学電子科学研究所のユスップ・マルコ助教授らはこのほど、「囚人のジレンマ」を応用した実験を行い、人間社会で協調性が生み出されるメカニズムを検証した。その結果、相手を知り、関係性を構築できる状況下で懲罰を行うと、協力行動を阻害し、報復を誘発するのが明らかとなった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。