幼・小・中・高校生の身長 平均値は横ばい傾向

文科省はこのほど、2017年度の学校保健統計調査の結果速報値を公表した。幼・小・中・高校生の身長の平均値は、全世代で94年度から01年度あたりがピークで、その後は横ばい傾向にあることなどが分かった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。