「ティーチャーオブティーチャーズ」を表彰 茨城県教委

茨城県教委はこのほど、ほかの教職員の手本となる優秀な教職員を選出し、2017年度の「ティーチャーオブティーチャーズ」として表彰した。

表彰されたのは、常陸太田市立世矢小学校の浅野明美養護教諭、行方市立北浦小学校の勢司かほ里教諭、筑西市立下舘南中学校の塩谷かつ子教諭、古河中等教育学校の中久喜歩教諭、水戸高等特別支援学校の佐藤和恵教諭。

不登校アドバイザーの資格を生かして特支教育コーディネーターとの連携を強化したり、独自に工夫・改善した指導で生徒の学習意欲を向上させたり、成果を周囲の教職員と共有して現場を活性化させたりしたことなどが評価された。

ティーチャーオブティーチャーズは、さまざまな教育活動で創意にあふれた特色ある指導を行い、人格・見識ともに他の教員の模範となるような教職員を表彰する取り組み。受賞者は、教職員の研修会や「いばらき輝く教師塾」で講師を務めるなど、指導力や経験を教育の充実に生かす。

関連記事