12月時点の大学生の就職内定率 86.0%で過去最高

文科省は1月17日、今年度の大学等卒業予定者の就職内定状況調査の結果を公表した。昨年12月1日時点での大学生の就職内定率は86.0%(前年同期比1.0ポイント増)となり、1997年の調査開始以降、同時期での過去最高となった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。