環境教育等促進法 施行5年で施行状況など確認

環境、文科、農水、経産、国交省が連携し、施行5年を迎えた環境教育等促進法の施行状況と、今後の環境教育の在り方を検討する専門家会議の初会合が1月17日、都内で開かれた。座長には、東京学芸大学の小澤紀美子名誉教授が選ばれた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。