次代担う子供や若者の育成を 川崎市と横浜国大が協定

川崎市と横浜国立大学は1月16日、社会課題の解決や地域社会の持続的な発展を目的とした連携・協力協定を締結し、同市役所で締結式を行った。次代を担う子供や若者の教育・人材育成をはじめ、産業振興、まちづくりなど、相互の持つ資源やネットワークを活用しながら、さまざまな分野の取り組みを協働して進める。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。