今年度中に標準化の骨子策定 スマートスクール評価委

総務省は1月17日、スマートスクール・プラットフォーム実証事業の第2回評価委員会を開催した。セキュリティーや個人情報の取り扱いなどについて、各実証地域でのヒアリング結果や、標準化に向けた検討作業の状況確認が行われた。また、今年度中をめどに、スマートスクール・プラットフォームの標準仕様と、次世代学校ICT環境の整備に向けたガイドラインの骨子を策定する見通しが示された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。