部活の受け皿のスポーツ環境整備 鈴木長官「支援も考慮」

鈴木大地スポーツ庁長官は1月18日の記者会見で、16日に骨子が出された「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」について、教育新聞の質問に対し、少年団や総合型地域スポーツクラブへの支援に関して「地域に考慮する」と答えた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。