女性職員の死亡受け 新潟県教委が勤務実態調査へ

新潟県教委に勤務する40歳代の女性職員が職場で倒れた後に死亡した問題を受け、県教委は1月18日、臨時会を開いた。池田幸博教育長名義で報告書が出され、2月上旬をめどに第三者委を設置して、勤務実態を調べる方針が示された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。