子供支援策、ニーズ高いが認知度は低く 相模原市調査

相模原市はこのほど、子供の生活状況や課題、支援ニーズに関する調査結果を公表した。保護者の7割超が、子育てにかかる経済的負担を重く感じており、地域やNPOが支援する「子ども食堂」や「無料塾」への高いニーズをうかがわせる結果となった。しかし、半数以上の保護者がそうした支援策を「知らない」と回答しており、認知度を向上させる取り組みが今後の課題となりそうだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。